08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.17 (Fri)

ペコ通院2回目

今日でペコちゃんの膣から出血が始まって12日目。
前回の初診から1週間ぶりに病院に連れていきました 初診の日記はコチラをクリック
体重は先週189g→今日191gとほぼ変わらず。元気も食欲もあります。

初診の次の日には出血量が減って来て下の写真のような感じが続いていましたが、今日の診察時にちょっと暴れた時、血がぷくっと出てきました
だからまだ血は止まっていないようです。

025_20101217134045.jpg

初診の先生は今日はお休みという事で違う先生に診てもらいました。
ペコの肉球の色を見て「血色が良くないから貧血気味かもしれない。」と。

改めて検査のお話があり「検査をするなら麻酔をかけてレントゲンとエコーと血液検査を一気にして1回の麻酔でたくさんの情報を得ましょう。」と。
「この病院で麻酔をかけずにデグーに採血をしたらショック死した経験があるし、エコー検査などで少しでも動いたら診断ができないから麻酔は必要。でも検査の麻酔でも亡くなる子もいるからよく考えて下さい。」とも。

その後手術のリスクについてもお話を聞き、「もちろん手術もリスクがある。貧血が進んでいる程リスクが高くなるから、検査で手術が必要だとわかったら貧血の度合いも見て時期を考えた方がいい。」と。
この病院で過去にデグーの開腹手術を3件したとの事でしたが、その後その子達がしっかり元気になったのかのお話はありませんでしたし、聞きませんでした。

022_20101217134045.jpg

▲8cm四方のキャベツを入れて病院に連れて行ったんですけど、帰ってきたら全て食べ切っ ていました。ホッカイロで思ったよりも暖かくて喉が乾いちゃったのかな?

あと1週間今の投薬(抗生剤・止血剤・造血剤)を続けて治る病気(炎症性の病気)の可能性もあると言われたので、もう1週間様子を見ることにして今日は連れて帰って来てしまいました。
もし1週間経っても血が止まってなかったら、検査で子宮や卵巣の異常の具合を診て、その後ホルモン治療で治る病気を疑ってホルモン治療を始めて様子を見てもいいと言われたので、とりあえずその方向に決めました。

実は初診時の日記を読んだデグーを飼ってらっしゃる親切な方が、「もうすぐ出産のうちのデグーの妊娠初期に経験したトラブルに似ている」とメールを下さいました。
その方も出血があった時動物病院に連れて行って、そこで妊娠の可能性を告げると胎児に危険な抗生剤は飲ませないで漢方と止血剤とビタミン剤で様子を見て、2週間で出血は止まり
1カ月後に胎児の心拍が確認されたそうです。

私は母体を優先して抗生剤を飲ませる事にしましたが、上の方と同じ経過を辿るとしたら抗生剤を飲ました事は間違いになるかもしれないし、検査も手術もリスクがあるし、子宮の大きさは3mmだそうなので診断は難しいだろうし・・・。
やっぱりデグーサイズの小動物はいろいろと厳しいですね。(/_<)

035_20101217134045.jpg

▲とっても穏やかな表情のペコちゃん。
 こんなにいい表情してるのに本当はお腹痛かったりするのかなぁ?

デグーは自然界では捕食される側の動物なので、ぎりぎりまで元気と食欲が落ちなくても突然って事が多いから楽観はしないで下さいね! と先生に念を押されました
不安で不安でしょうがないけど希望を持ってお世話をして、1週間経っても血が止まらなかったら検査を受けさせてみようと思います。





コナン君との別居を寂しがりキュ~と鳴くようになったペコに応援のクリックを!
にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ     人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : ★デグー★Degu★ - ジャンル : ペット

14:57  |  病気・けが  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

デグーは体が小さいからいろいろ診断が難しいのですね。

検査や手術の話、当人でない私がすごくショックを受けたくらいなので
ガッチャマンさんはもっとお辛かったでしょうね。

どうか良い経過をたどれますように。
ユキノコ |  2010.12.17(Fri) 17:08 |  URL |  【コメント編集】

小動物を飼う、その難しさを改めて考えさせられました。
その時になって、私に冷静な判断が下せるだろうか、そもそも異常に気付けるだろうか、と。
良い方向に向かうことを祈っています。
meg |  2010.12.17(Fri) 17:35 |  URL |  【コメント編集】

信頼できるかかりつけがあるのは良いことですね!
じかんを置くのもよいと思います(>_<)
あ、通院がストレスにならないようにかじり木とかいれてあげるといいかもです!
あむも移動のときは食べまくるので心配でしたが梨の木とかグァバボールとかいれたらガリガリしてましたよー!
早くよくなれ!念をおくります(>_<)
糖花 |  2010.12.17(Fri) 20:23 |  URL |  【コメント編集】

ぺこちゃん、早くよくなりますように!
病院ってほんと重要なものですね;;
うちの子も、前住んでた場所は割りと都会だったので、すぐ病院見つかったのですが、今住んでるとこは田舎なので病院自体少なく・・・;;
早くめぼしをつけておかなければ。。とおもいました。

きっとすぐぺこちゃん元気になりますよ!
コナンくんもいるし、ぺこちゃんに元気分けてくれてると思います!

遠くからですが、私もちろる共々お祈りしてます!
しぃ |  2010.12.17(Fri) 22:36 |  URL |  【コメント編集】

そちらでの開腹手術のうち1件は私の友人のデグちゃんだと思います。
残念ながら死産で子宮全摘でしたが、
お母さんは今も元気にしていますよ。
(ただ、そのときの先生は既にいらっしゃらないようではありますが。)

もしもご心配でしたらもう1件セカンドオピニオンを聞いてみてもいいかもしれません。
あちらの先生も診断技術、オペ技術ともに信頼できると思いますよ。

いずれにしても、ペココちゃんはお薬で安定してくれるといいですね。
お祈りしています!

Hiroko |  2010.12.18(Sat) 11:06 |  URL |  【コメント編集】

お返事

>ユキノコ様へ
いつも心配して下さってありがとうございます。
小動物って人間のように細かい治療ってできないから、もし子宮に異常がありそうだとわかると摘出しちゃいましょうって事になるんでしょうね。
体が小さいと急変も怖いです。


>meg様へ
megさんは大丈夫ですよ~。きっと病気の早期発見ができる方だと思います。
小動物は正しい飼い方をしていればあんまり病気はしないんですけど、いざ病気になると治療にリスクが伴ったりして難しいですね。


>糖花さんへ
今の病院はまだ2回しかかかってないので、信頼しようかどうしようか迷ってる段階です。ペコが元気いっぱいなので、つい時間をおいてしまうんですけどそれが吉と出るか凶と出るかわからなくて怖いです。

通院で小さいケースに入れて持ち運ぶのもストレスですよね。齧り木があったらより気分が紛れるかもしれませんね。今度は入れてみますね。


>しぃ様へ
早く良くなると言ってもらえて元気が出てきました。ありがとうございます。

デグーはリスとかモルモットの治療をしてるお医者様ならある程度は診れるかもしれないですけど、動物によって使ってはいけない薬とかあるでしょうから、きちんと分かってる動物しか診ないようにしてるんでしょうね。
今後もハムスター程は流行らないペットでしょうから、デグーは病院探しに苦労するかもしれませんね。でも早く診てくれる病院は増えるといいですよね。


>Hiroko様へ
この病院で同じ子宮の摘出手術を受けて回復したデグーちゃんを御存じなんですね。安心しました。でも今回の先生は患者を選ぶタイプの方で私の質問に答えるのを面倒臭そうにしいるように感じられて、今度どうしようか考えてしまいました。
紹介していただいたもうひとつの病院もいい先生なんですね。もしこのまま治らなかったらセカンドオピニオンも考えてみようと思います。アドバイスありがとうございました。

昨日はペコがコナンに交尾をせまっていて(もちろん阻止しました)、もしかして流産後の発情かな?なんて思ったり、ほんとによくわかりません。
ガッチャマン |  2010.12.19(Sun) 12:55 |  URL |  【コメント編集】

ペコちゃん元気そうだけどやはり心配で仕方ないですねi-240

うちは昔ブルーサファイアハムスターを飼っていて、なんと麻酔をかけて
三回も手術したことはがあります。すごく心配ですよね。

よくなることをお祈りしています

鉄分が多い葉っぱとか干してあげてあげるのもいいかもしれませんねi-189


ほんとにお大事にi-239
ティムとらら |  2010.12.19(Sun) 23:31 |  URL |  【コメント編集】

>ティムとらら 様へ

ペコは今日も元気いっぱいでもりもり食べていますv-42
12/10日までの5日間は濡れた血が付いていて、それ以降は乾いた血が少量付いていて、今日は付いていません。
もうしばらく慎重に観察しますけど、このまま治ってくれるといいです。
獣医さんが言っていた血色が悪いというのもあんまり感じていなくて、いつもと変わらないピンク色です。
ペコも私もこんなに心配して頂いて幸せです。ありがとうございます。
ティムとららさんのハムちゃんは3回も手術を乗り越えたんですね。すごいです。
ガッチャマン |  2010.12.20(Mon) 21:58 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ga0303rx8.blog14.fc2.com/tb.php/126-2f604b6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。