03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.19 (Mon)

ヨーグルト

前回に引き続き、いつかやってくるかもしれない投薬生活を心も体もストレス少なく乗り切らせる為の、粉薬を溶かす媒体探しのお話です。

コナン君は特につかまれるのが大嫌いで、つかむと咬み付きはしませんが死に物狂いで暴れてあっという間に逃げてしまうので、そんな暴れてる時に薬を口元に付けても飲んでくれない事が予想されます。
なのでコナン君に強制的に投薬をしたり強制給餌をするのは不可能だと思ってます。
そして私は、動物が死に物狂いで抵抗する程の治療を受けさせる事に反対の考えです。動物も飼い主も快適に共生していければ、そのペットの命が長くても短くても構わないと思っているからです。

2月に天国へ旅立ったウサギも、たまたま丈夫な子だったのか、晩年の数年部屋に放し飼いしてたのが良かったのか11歳まで生きてくれました。
そして最期は食欲が無くなって投薬と強制給餌をしなければならなくなりやったのですが、それを呼吸が止まりそうになる程暴れて嫌がったので3日しか投薬と強制給餌をできませんでした。
その後は好きな果物と野菜を少量口にして2週間後に静かに息を引き取っていきました。

独立心が強いウサギさんだったので私もほとんど構う事無くあまり抱っこ訓練もしなかったので治療が困難だったのかもしれませんが、そのおかげでストレス少なく生活できて長生してくれたのかな?なんて都合良く考えて自分を慰めてます。


さて前置きが長くなってしまいました。
ここから実験結果の報告しま~す




リスやハムスターはとっても好きな子が多いヨーグルト。リス&ハムと食性が違うデグーには気に入ってもらえない予感はあったけれど試してみました。
今回あげたのはビヒダス脂肪ゼロヨーグルトです。
この商品のお味はとってもまろやかクリーミーで酸味が少ないので私は大好きでしょっちゅう食べています


結果はデグー2匹共匂いを嗅いだ後に拒否でした
021_20100718001509.jpg

スポイトに入れて口元へすすめている間にコナン君のお鼻に付いてしまいました。
その後5分位はこのままだったのですが、気が付いたら取れていました。


パンダマウスの小江戸ちゃんも匂いを嗅いだ後逃げてしまいました
177.jpg

ハムスターと食性が同じなのに小江戸ちゃんはお気に召さなかったようです。
でも、おとなしく小江戸ちゃんは抱っこさせてくれるしシロップ漬けのお薬でも糖尿病になる心配ないのでまぁいっかな


お次はITOENのフルーツ野菜ジュース
073_20100718001508.jpg
078_20100718001508.jpg

100ml中炭水化物14.5gと前回試したデルモンテの野菜ジュース!よりは糖分多め
ジュースの場合は食物繊維が少ないので14.5gのほとんどが糖のたぐいだと思われます。でもお薬のシロップよりは甘くないはずなので、前回の野菜ジュースを飲まなかったペコちゃんにはこれでもいいから飲んでくれという気持ちで試しました。


082_20100718001508.jpg

しかし、結果は撃沈でした
またもや2匹は匂いを嗅ぐだけですぐに去り、2匹の甘い毛づくろいタイムに突入


163.jpg
小江戸ちゃんは飲んでくれました
量は0・2cc位ですが、もしかしたら小江戸ちゃんからしてみたら大量だったのかもしれません。

ブログ まったり*まろまろさんの所のリチャードソンジリスさん達は無調整豆乳が好きで、それにお薬を混ぜて飲ませた事があると前回の日記にコメント頂いたので、今度はそれを試してみたいと思います。

また、TenTen's roomさんの日記にも、怪我の治療で飲ませたシロップのお薬が最終的な引き金となり糖尿病になった可能性が濃いというお話があります。なので、やっぱり今後も飲んでくれる飲み物探しを続けていきたいと思います。




 ランキングに参加しています。
更新の励みになりますのでポチッとお願いします
にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
人気ブログランキングへ ありがとうございます


スポンサーサイト

テーマ : ★デグー★Degu★ - ジャンル : ペット

19:52  |  写真日記  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ヨーグルトダメでしたか。
そもそも湿ったものが苦手な子も多いですものね。

うちの場合は元々遺伝的に糖尿が出やすい家系であることも大きかったと思います。
シロップ入りでも、短期集中的に投薬する分には
問題のない子の方が多いんじゃないかなぁと思いますがどうかな?
但し、投薬期間中は他の糖分、炭水化物は極力排除して、
牧草など食物繊維をたっぷり摂らせた方がいいでしょうね。

ちなみに今回我が家では「ソフトトリーツ」という
ウサギさん用のオヤツにしみこませて飲ませましたよ。
とはいえ、今回のお薬は甘いタイプでしたが(^^;ゞ
Hiroko |  2010.07.19(Mon) 22:02 |  URL |  【コメント編集】

小江戸ちゃんはおとなしく抱っこさせてくれるんですね^^

小さいから、ロボロフスキーとかと同じでなつかないのかと思ってましたが
小江戸ちゃんはよく慣れているんですね~
でも、デグさんはさておいて、小江戸ちゃんがヨーグルトだめなのはちと意外ですね(^_^;)

以前、うちの実家の猫が病気になって、入院していたのですが
もうだめだろうからって自宅に連れて帰ったらすんごい元気になったことがあります(^_^;)
ストレスって動物には大きいんでしょうね

でっ、デグさんたち、今回はどっちもだめでしたか・・・w
うちのデグさんたちには、こないだ豆乳ためしてみましたよ
ちゅうちょなくぐびぐび飲んだのがちびっこで、ななさんも味を覚えたら飲みました
でも、デグさんって基本、なめるということをしないんでしょうかね
最初、手のひらにのせたら、かじられそうでしたし、シリンジも持っていこうとかじられまくりでした( ̄ω ̄;)

コナンくんとぺこちゃん、喜んで飲んでくれるものがあるといいですね~
まろまろ |  2010.07.20(Tue) 15:07 |  URL |  【コメント編集】

>Hiroko様へ 

私も湿ったものが苦手なデグーだから難しいのかなと思い始めてました。
デグーにとって栄養になる食べ物は乾燥した餌から、体が欲する水分は水のまま給水ボトルからというスタイルなのかなと。
栄養があって水分を含んでるものは食べない主義というか・・・。
Hirokoさんちのデグー一家が遺伝的に糖尿が出やすい家系というのは、他の飼育者に比べて糖分の少ない食事を与えてるのに糖が出ちゃったからですか?
まろまろさんの日記だったかしら、デグーのインスリン活性が他の動物に比べて10分の1だと書いてありました。だとするとシロップのお薬はとんでもない毒薬になると思ったので、実験をしているのもあります。
でも、神経質にならなくても大丈夫だと言われるとそんな気もしてきました。
う~ん。
ソフトトリーツは嗜好性が抜群すぎてお薬を染み込ませても食べちゃったんですか?私も試してみたいです。
ガッチャマン |  2010.07.20(Tue) 23:37 |  URL |  【コメント編集】

>まろまろ様へ

パンダマウスって種類自体が、警戒心少なくて鈍感で攻撃性がない性格なだけがします。私は特に何も訓練してないのですが、うちに来た当日から手のひらの上でおとなしく撫でさせてくれました。
ラットやハツカネズミも同じような傾向があるみたいです。やっぱり実験動物としての歴史が長いので、扱い易い性格の子が選ばれて交配されて来たんでしょうかね?この考えは私の全くの憶測なので間違ってるかもしれませんが。

動物はほんとにストレスに弱いです。ウサギとかチンチラとか絶対に動物病院に入院させるもんじゃないなと考えさせられる状況をたくさん見てきました。
もうだめだろうなと思う子を自宅に連れて帰ったら思ったよりもち直したりも良くありますね。

まろまろさんちのデグさん達は豆乳飲んでくれた確率が3分の2ですね♪
うちも絶対試してみま~す。
そういえば、デグー達には私もなめられた事がありません。
ガッチャマン |  2010.07.20(Tue) 23:51 |  URL |  【コメント編集】

>Hirokoさんちのデグー一家が遺伝的に糖尿が出やすい家系というのは、
>他の飼育者に比べて糖分の少ない食事を与えてるのに糖が出ちゃったからですか?

うちの家系の場合、把握できている範囲だけでも、
てんちゃん含め5匹が1歳以下で白内障になり、
うち1匹が9ヶ月、1匹が2歳になる前に糖尿病で亡くなりました。
てんちゃんは1歳9ヶ月、純は2歳5ヶ月で尿糖が出たけど、
幸いホメオパシーでおさまりました。
消息のわかってる子供だけで考えると3/7の確率だから、
結構高いですよね。

といった感じで、若年で白内障や糖尿病の発症が多発する家系なので、
これは遺伝でしょうってことになっています。
多分消息の分からない子達の中にも出ちゃってる子いるんじゃないかなぁ。。。

でも、比較的自由な食生活させていても結果的に長生きしているお宅もあるので、
個体差もあるんじゃないかなぁと思っています。
避けられるものは極力避けて、必要なときには必要最低限にできるといいですね☆

P.S. 前の病院の時はシロップ入れずにお薬作ってもらったりしてました。
Hiroko |  2010.07.22(Thu) 12:36 |  URL |  【コメント編集】

>Hiroko 様へ

再コメントを要求しちゃってごめんなさいね。でも答えて下さってありがとうございます。

そうですね。Hirokoさんちで産まれたデグーさんの糖尿病罹患率や糖尿病になった時期とかから考えると、糖尿病家系って表現でただしいのかな?と思いました。
看病や悲しいお別れとかで苦労してらっしゃいますね。

うちはおやつもたぶん多めで糖分の多い食生活をさせていますが、コナンはあと3カ月で2歳ですけどまだ糖尿病になっていません。でもそれで安心せずに今後も出来るだけ牧草や野草を食べてもらう努力は続けて行きますね。

ソフトトリーツは今日大きいペットショップに行ったんですけど売ってなかったので、ネットで注文してみます。
ガッチャマン |  2010.07.22(Thu) 23:34 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ga0303rx8.blog14.fc2.com/tb.php/76-68500858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。